隈本コマのポイントサービス

2019年 02月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   
2019年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
営業時間
10:00 〜 17:00
(土日祝はお休み)

定休日のメールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

follow me

  • 隈本コマのFacebookページへ
  • 隈本コマのInstagramへ
 

トップ > 教習具 > ぐっポス > ぐっポス

ぐっポス ぐっポス ぐっポス ぐっポス ぐっポス
ぐっポス ぐっポス ぐっポス ぐっポス ぐっポス
拡大画像

ぐっポス

お子さまの姿勢は成長の基本。「ぐっポス」はそんなお子さまの筆記時の姿勢を改善する姿勢ケアグッズです。

読み書きを始める小学校に入りたての時期は姿勢が崩れやすく、猫背を身に着けやすい危険な時期。そんなお子さまの姿勢のために開発されたぐっポスは、猫背になりがちな筆記時にペンを持たない方の手で握って使うことで、猫背を予防・解消するアイテムです。

手にフィットする本体の底には滑り止めがついており、ぐっポスを握って机の上に置くと手が固定され動かなくなります。固定された腕が、字を書いている時についつい前のめりになっていく上半身のストッパーとなり、きれいな姿勢を保ったまま字を書くことができるようになります。筆記姿勢が良くなることで、学習の集中力アップや肩こり解消、運動能力低下の防止、視力低下防止などにつながります。

福岡県との共同開発で誕生したぐっポスは、開発過程で、人間工学に基づいて小学生を対象に使用前と使用後の筆記姿勢の検証を行っており、使用後には上半身が起立した良い姿勢になったことも確認しています。お子さまだけでなく、マウス作業が多く、姿勢の悪さや肩こり・腰痛を気にする大人の女性の方にもご愛用いただいています。

人の手によってきれいに磨き上げられているため、表面はすべすべで触り心地が抜群。机の上に置いておくとつい握ってしまう触り心地の良さは、大人の方よりもお子さまに人気です。同じ姿勢ケアグッズで比較すると、矯正ベルトだと身に着けるのを嫌がるお子さまも多いですが、ぐっポスの場合は字を書く時に使うことを忘れないように声掛けすれば嫌がらずに使ってくれます。お客様からは「姿勢も良くなったがそれ以上に鉛筆を持っていない方の手で爪や鼻をいじらなくなったのが嬉しい」というお声もいただいています。

2014年には「福岡デザインアワード」にて大賞を受賞、2015年には東京インターナショナル・ギフトショーの新製品コンテストにて大賞を受賞。現在は福岡県内の小学校でも導入されています。

サイズ 小:約7.5cm × 6.5cm(ゴムスポンジ込)
大:約8.0cm × 8.1cm(ゴムスポンジ込)
材質 八女スギ材

サイズを選ぶ目安

手のひらの幅を測ってサイズをお選びください。

  • 手のひらサイズ7cm未満…小
  • 手のひらサイズ7cm以上…大

名入れサービス

正面にお好きなお名前を入れることができます。ご注文画面より、入れたいお名前を添えてお申し付けください。

“ギフトサービス”

価格 : 円(税込)
ポイント : 27
数量
 
サイズ
利き手

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

姿勢を良くするために、
鉛筆を持たない側の手と腕を上手に使いましょう!

その手と腕は、本やノートをおさえる役割りのほかに、身体を支える役割りもあります。特に体力が続かない現代の子どもは、下左の写真のように手と腕をべったりと机におき、身体ごと机に預ける姿勢になってしまっています。実は良い姿勢に導く、身体を支えるための適切な手の位置と腕のカタチがあります。
ここでは、良い姿勢に導くための教習具"ぐっポス”をご紹介します。

ぐっポス使用イメージ

ぐっポスの使い方とその特徴

使い方

鉛筆を持たない手で"ぐっポス”を握り、脇を軽く締め、スタンプを押すように机の上に置いてご使用下さい。
"ぐっポス”を軽く握ることで上半身を支える力強い「つっかい棒」になります。

ぐっポスの特徴イメージ

ぐっポスによって!

適切な位置に手を導き、ぐっポスを握った手とその腕は、身体を支える「つっかい棒」になります。

※本品は、医療用ではありませんので、必ずしも姿勢が矯正されるわけではございません。

ぐっポスの効果

ぐっポスを使用したときの身体の角度を測定し、姿勢の良さを確認しました。
(測定:福岡県工業技術センター インテリア研究所)

ぐっポスを利用したときの身体の角度の測定と姿勢の良さを確認した図表

ぐっポスのご案内

手のひらの幅を測ってサイズをお選び下さい。

手のひらの幅を測るイメージ

ぐっポス小イメージ

ぐっポス

2,500円(本体価格)

2,700円(税込価格)

ぐっポス大イメージ

ぐっポス

3,000円(本体価格)

3,240円(税込価格)

※ぐっポスの底のゴムは、色移りする場合がございますので、熱や摩擦にご注意下さい。

ぐっポスの里

ぐっポスは、福岡県の八女の杉の木を、3D加工の機械で削り出し丁寧に研磨して作っています。
「ぐっポス」を握ると、木のぬくもりが、ほんわりと伝わってきます。

八女の杉イメージ

ぐっポスによって!

視線が上がり、背筋がピンと張り無理のない良い姿勢になっています。

「ぐっポス」未使用イメージ

「ぐっポス」使用中イメージ

〜ぐっポス開発秘話〜

福岡県工業技術センター
友延 憲幸さん、楠本 幸裕さんの
ぐっポスへの想い

数年前、“姿勢が悪い子どもたちが増えている”という新聞記事を目にしたとき、「なぜ子どもたちの学校の机や椅子は昔のままなのだろうか?」このような疑問が今回の『ぐっポス』開発の出発点でした。

学校の机は狭い天板で使いにくく、椅子は硬くて平たい木製の座面と背もたれで、おじいちゃん、おばあちゃんが子どもの頃から今の時代も変わっていません。特に椅子は硬さによる痛み、安定感の無さなど姿勢を悪くする要因を多く持っています。その一方で、大人が使うオフィスチェアはデスクワークでの腰痛や肩こりの対策として、姿勢をサポートする機能が多く開発されています。

子どもの時に良い姿勢を身につけておくことが最大の腰痛・肩こり対策になるのですから、大人のための開発と同時に未来の大人である子どもたちにも学習姿勢をサポートする研究開発が必要なのです。

そんな時、私にも何かできないかと、知り合いの方を通じてある小学校を訪問し、現状について校長先生たちからお話を伺いました。その時に印象に残ったのは、もし子どもの姿勢や健康を考えた机や椅子が開発され、販売されたとしても、そもそも学校は予算が少なく、新たな机や椅子を導入するような大きな予算を確保することは難しいということでした。

それならば、少ない予算で簡単に姿勢を良くする方法を!ということで、2年間小学校へ通わせていただき、子どもたちの学習姿勢を観察し試行錯誤した結果、生まれたのが『ぐっポス』でした。

姿勢を悪くする要因は、椅子の座りづらさ、視線の向く方向などいくつかあります。その中でも私が着目したのは、子どもたち自身の身体の使い方、「手の使い方」です。

先生の話を聞く時には頬づえをつき、筆記をする際には手からひじまでをべったり机に載せ、それを支えとして身体ごと寄りかかってうつ伏せになる。手を“姿勢を悪くする道具”として使っていたのです。

そこで、その手を“姿勢を良くする道具”にできれば!と逆の発想をしました。その逆の発想をする中で、手が道具となるためには『ぐっポス』が必要だったのです。

手を“姿勢を良くする道具”にするためには2つのポイントがあります。1つは机の上で手の置き場所を適切な場所に導くことです。

『ぐっポス』を握って「スタンプを押すようにぐっポスを机の上に置いてみて」というと、自然と身体の手前に手をつくようになり、これが姿勢を良くする道具としての原点となり良い姿勢に導いています。

ですが、これだけでは長い時間良い姿勢を続けることは難しいかもしれません。そこで2つめのポイントは、机の上に置いた手(と腕)が身体を支える“つっかい棒”になることです。

子どもの体力はあまりないので、どこかで身体を支えてあげることが必要です。そこで、『ぐっポス』を握った手が身体が前に傾かないように“つっかい棒”の役割を果たすことによって、良い姿勢は持続させることができます。『ぐっポス』を握らずに机の上に置いた手よりも、『ぐっポス』を握った手は、『ぐっポス』の機能により、楽に身体を適切な良い姿勢に支えることができます。使っていただけるとその効果はよりよく感じていただけます。

姿勢は「勢いある姿」です。良い姿勢は、学習に取り組む集中力を生みだします。

一度『ぐっポス』を手にした子どもたちには、『ぐっポス』がその手から離れても姿勢を気にかける人になって欲しい。『ぐっポス』が良い姿勢を身に付けるキッカケになることを願っています。

福岡県工業技術センター インテリア研究所
http://www.fitc.pref.fukuoka.jp/center/idri/idri.htm

工房より

「ぐっポス」は福岡県の八女の杉の木を、3D加工の機械で削り出し丁寧に研磨して作っています。握ると、木のぬくもりがほんのりと伝わってきます。
九州産の木材にこだわり、子供達の笑顔を思い浮かべながら、木のおもちゃ作りをする職人と、実際に4人の小学生の親でもあり人間工学を踏まえた細かな検証をする研究者と、用途・使用方法など優しいイラストで発想力豊かなデザインの職人達の想いがひとつになって生まれたものです。

学校や保育園、イベントなどでまとまった数をご注文されるお客様へ

商品によっては在庫切れの表示になる場合がございます。少しお日にちをいただければご希望の数をご用意できますので もし在庫切れと表示された場合は恐れ入りますがお電話やメールにてご連絡をお願いします。

お問い合わせ:0943-22-2955

copyright 2018 隈本コマ All Rights Reserved.

ページトップへ戻るページ
トップへ戻る