隈本コマのポイントサービス

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
2019年 01月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
営業時間
10:00 〜 17:00
(土日祝はお休み)

定休日のメールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

follow me

  • 隈本コマのFacebookページへ
  • 隈本コマのInstagramへ
 

こまの遊び方

こまについて

独楽(こま)は世界各地に見られ、その歴史も古いです。
日本には大陸から朝鮮半島を経由して伝わっていたと考えられており、平安時代ごろには存在していたと考えられています。宮廷の儀式などに用いられていたこまは、南北朝時代の「太平記」に一般の庶民のおもちゃとして広まっていた様子を伝える記述が見られます。
手回しこまや投げごまなど、さまざまなタイプの和ごまが登場するのは江戸時代。全国各地で、その土地に根ざした和ごまが誕生していきます。
九州では、芯棒に鉄の芯を使ったこまが発展し、佐世保こま、肥後こまなどが生まれます。その鉄芯のこまで最も有名なのが、博多こまです。回転寿命がとっても長い博多こまは江戸時代、和ごまに革命をもたらした存在です。こまを使って曲芸を見せる「曲ごま」は、博多こまを使って誕生したとされています。博多こまと形は一緒で、中央に出っ張ったへそのあるものが、八女ごま。
こちらのページでは、これら鉄芯のこまの遊び方・回し方についてご紹介します。

こまの回し方動画(鉄芯のこま、木の芯のこまの回し方があります)

鉄芯のこまの紐の巻き方(ひきごま用)

※右利き用の説明写真になっています(左利きの方は反対に巻きます)。

3〜5cmくらい残し、こまの裏にある芯を中心に、反時計まわりに3回強く回します。こまに沿わせて素直に軽く紐をまわして、最後は写真のように、薬指と小指ではさんでこまをしっかりにぎります。

  1. 鉄芯のこまの紐の巻き方01

    1左手の指でしっかりひものはしを押さえ、半時計まわりに

  2. 鉄芯のこまの紐の巻き方02

    2芯棒の真ん中ほどに1回しっかり巻く

  3. 鉄芯のこまの紐の巻き方03

    32回目は、こま本体そばにしっかり巻く

  4. 鉄芯のこまの紐の巻き方04

    4さらにもう1回巻き、始めの3回をしっかり巻く事が大切

  5. 鉄芯のこまの紐の巻き方05

    5あとは、ゆるやかにこまに沿わせて自然に巻く

  6. 鉄芯のこまの紐の巻き方06

    6さあ最後は、写真のように、薬指と小指ではさんで、こまをしっかりにぎります

鉄芯のこまの投げ方(ひきごま用)

※左利き用の説明写真になっています(右利きの方は反対に構えて投げます)。

  • 「こま」を正しく持ち、「こま」を持っている方の胸元に構えます。
  • 胸元から斜め下に投げて、素早く紐を引きます。
    ※素早く胸元に引き戻すのが、よく回るポイントです。

鉄芯のこまの投げ方(ひきごま用)

  • 博多こま

    博多こま

    博多こまは(平こま)とも呼ばれ、九州では昔からなじみのあるこまの形です。九州で広く遊ばれてきたこまは、木地の下から鉄製の芯を打ち込んでいるのが特徴。地域ごとに様々な形のこまが作られ、昔は相手のこまにめがけて自分のこまを投げ当て、倒す「けんかこま」で親しまれてきました。

    ご購入はこちら

  • 八女こま

    八女こま

    九州、八女の地で生まれた八女こま。特徴は、とがったヘソと呼ばれる部分。九州で広く遊ばれてきたこまは、木地の下から鉄製の芯を打ち込んでいるのが特徴。地域ごとに様々な形のこまが作られ、昔は相手のこまにめがけて自分のこまを投げ当て倒す「けんかこま」で親しまれてきました。

    ご購入はこちら

copyright 2018 隈本コマ All Rights Reserved.

ページトップへ戻るページ
トップへ戻る